Premium Artist Cardについて [プレミアムアーティスト専用ページ]

2015年04月01日

おつかれさまです。

しみずです!

 

手術後、だいぶマシになって来ました・・・。が、まだまだ、不安定なのでまったく油断はできませんが、また云々かんぬんと、メッセージを打てるようになってきました!(すみません。)

 

ひきつづき、お付き合いください・・・!

 

 

さて。

今回の静岡公演で、「プレミアムアーティストカード」をつくって子どもたちに渡したいと思っています。

 

これは、幼少期のうちに、プレミアムオーケストラやプレミアムアーティストのファンをつくり、成長とともに、リピーターとして遊びに来てもらえるようにするためです。

 

いつか、その中から新しい音楽家が生まれたら、とっても素敵だなぁと思っています。いっしょに演奏できるようになったり・・・。

 

今年・来年は、しみずの頭がおかしいので、動きがいささか鈍りそうですが、今後、プレミアムコンサートを全国・全世界で展開できるようになった場合は、よりいろいろと面白いことにできるかなと思っています。あと、子育てを終えた親御さん向けに、各プレミアムアーティストのソロコンサートなどの開催時に、うまく機能すればなぁと。。。

 

 

artist_card_2019_ozawa_megumi artist_card_2019_hasegawa_chie artist_card_2019_kanda_ryo artist_card_2019_kaizu_shinji artist_card_2019_fukuoka_takashi artist_card_2019_takenaka_daichi artist_card_2019_iwata_keiko artist_card_2019_ishiwata_hiroki artist_card_2019_kimura_yuka artist_card_2019_yamaguchi_soma artist_card_2019_ando_hazuki artist_card_2019_watanabe_natsuki artist_card_2019_inoue_yuki artist_card_2019_noguchi_yusuke

 

 

プレミアムフォトサービスで撮影したアーティストはその写真を、まだ撮影したことがないアーティストは送ってもらった写真で対応しました。

誤字がないかも教えてください。

 

 

ということで、今回は、子どもたちに対して、

 

「プレミアムアーティストカードを集めよう!」

 

という感じで、説明していくので、子どもたちとのコミュニケーションを通して、各アーティスト別の「プレミアムアーティストカード」を渡してもらえればと思っています。

そして、裏面は白紙にしておくので、各自サインを書いてあげてください。サインを用意しておいてください!

普通の黒いサインペンは用意しておきます!

表に書いてもいいけど、ごちゃごちゃするはずなので・・・裏面に。。。が、いいかな!

 

 

 

子どもたちが集めるのが好きなのは、昨年東京公演でテスト済みです。ただ、アーティストにとっては、渡すタイミングが難しい、忘れがち!という課題も出ました。

 

今年から、開場時に会場入口で「お出迎え」というコンテンツを入れられたら・・・と思っています。そこで、アーティストに直接会って、そのお兄さん・お姉さんがステージの上にいる。

そして、「楽器の近くで見てみよう!」のコーナーで、入口で会ったお兄さんとお姉さんとステージ上で再会する。さらに、楽器演奏体験で、いろんなお兄さんとお姉さんと仲良くなる。

 

こんな感じで、多くのプレミアムアーティストが、多くの子どもたちの心を鷲掴みすることで、数十年にわたって「好き」でいてもらえるようにすることが目的です。そして、その子が大きくなったら、おじいちゃんとこどもをつれて、プレミアムコンサートにくる。。。

その頃までしみずがいられるかどうかはわかりませんが、1組でもそんな姿を見れたらいいなぁと思っています。

 

ということで、

楽器演奏体験があるアーティストは、その体験直後か、難しければ会場入口で、というイメージで、各自相談しましょう。

 

「アイドル」と同じというわけではないですが、これからの時代は、いかにグループ(集合体)でたくさんの「ファン」を獲得し、そのグループの何人かのファンであっていただきつつ、そのグループ全体のファンでいてもらうことが重要だと考えていて、我々の場合は、幼少期のお子さまが成長を経て、「あの時行ったなぁ!あのお姉さんだ!」のような10年後をつくりたいと思っています。

 

「個」の力や才能やセンスと、グループ内にその「個」がたくさん存在することで、どこに刺さるかわからない相手の気持ちが、どこかに突き刺さり、1つでも刺されば、グループ全体のことを嫌いになることはないだろう・・・という理屈です。

 

なにしろ、握手したり、いっしょに演奏してもらった記憶は、一生忘れることはないと思います。子どもたちにとっては、音楽に出会う大切な初めての機会を提供することが多いので、最近、特に責任重大だと思っています。演奏力・笑顔・真剣な眼差し・ママさんやパパさんとのコミュニケーション!が重要だなぁと・・・。

 

 

そして、

今年の夏以降に、静岡エリアでプレミアムフォトサービスをファミリー向けにやるので、来年以降は子どもたちは「プレミアムキッズカード」を持っている状態にできたら・・・と思っていて、その時は「カード交換!」ができるようになったら・・・と思っています。

premium_kids_card_2018_tate_maejima_kanon

premium_kids_card_2018_tate_suzuki_misaki

premium_kids_card_2018_tate_suzuki_yutai

 

特に「レベル」とか「攻撃力」「MP」とかはないので、今のところ、カードの機能としては地味です。

何かアイデアあれば、どんどん入れたいんとおもったんだけど、生年月日・血液型・出身地など、次以降のバージョンでなにか良さそうなのがあれば入れていければと思っています。あとはQRコードとか・・・。

 

とりあえず、シンプルにメールが届くような仕組みにはしておきます。(しみずにメアドを教えたことがない人はtoyofumi.shimizu@premiums.jp宛にメールください!そのメアドに転送設定をしておきます!)

 

 

あと、「ミライスタート!!」の販売をスタートしました。

やはり音楽の買い方・売り方をはじめ、価値観が大きく変化しているので、対策が必要ではありますが、ファンがいることは、今後、大きな影響があると感じています。

少しは売れています。1曲に1,000円とかを払ってくれる方もいます。

ただ、人数が・・・・まだまだ少ない。これが、現実です。

集計ができたら、報告します!

 

まぁ、予想通りというか、時間はかかると思っているのと、何曲かないと迫力と話題性に欠けるのと・・・と、すでにもうアイデアはあるので、あとは実現に向けて時間はかかりますが計画していきます。

 

なにしろ、音楽が好きな人を、幼少のうちに確実に、徹底的に増やさないといけない。

 

静岡県教育委員会・静岡県私立幼稚園振興協会・静岡県保育園連合会との連携で、県内すべての小学校・幼稚園・保育園と提携できたので、今後は各園や各校と継続的に音楽ファンを増やしていけるよう、園歌・校歌のレコーディング企画や、以前横浜の小学校でやったような1時間×1日3ステージの学年別ミニコンサートなどを開催しながら、我々のオリジナル楽曲をもっとたくさんつくって学校や園で歌ってもらったり、小学生や園児のことばを歌詞にしたり、その音源ができたらMVを撮影したり・・・とやりながら、どんどん顧客数を安定して増やしていければと思っています。

 

久しぶりに長くなりましたが、このあたりで!

引き続きよろしくお願いします!

 

コンサートをはじめて8年目。まさかここでこんなにも頭がおかしくなるとは思わなかったけど、あと2年でしっかりとした形にするという目標は崩さず、頑張りたいと思っています。力を貸してください!

 

では、おやすみなさい。

 

セットリストが出来次第、また連絡します!

お知らせ一覧へ