The Premium Rice [2018年産 新米] プレミアムメンバーズ向け限定発売

2017年11月14日

premium_news_01

ついに!「ザ・プレミアムライス」が完成です!

(新米は水分を多く含んでいるので、お水は線にかぶらない程度にちょっと少なめにすると美味しく炊けます!)

 

プレミアムメンバーズの皆さんで、11月公演・12月公演・1月公演ご来場者は、ご優待「500Premiums」を進呈します。

なんと2キロ2,000円で無農薬米が!(ただし、今回は送料は着払いです!すみません!)

ご優待プレミアムは、プレミアムコンサートやその他のアトラクションへの参加時に会場でGETできます!

 

 

未来に活躍する子どもたちに、どうしても食べて欲しいお米。

成城石井さま・明治屋さま・日本橋三越本店さま・伊勢丹新宿店さまなどへの販売数調整に先駆けて、プレミアムメンバーズ・プレミアムファミリーの皆さまだけに、数量限定(100〜120袋)を販売開始します。

「ザ・プレミアムライス」を予約する!

 

初の「ザ・プレミアムライス」は長野県飯山産!

北信州の新潟県南魚沼郡にほど近い「戸狩温泉スキー場」のある山の中腹から湧き出る天然水で育まれた、完全無農薬のお米です。食フェス(プレミアムフェスティバル 2017)にご来場いただいた方には、食べ比べをしていただいたのでお分かりかと思いますが、お米の味は、大地と水の良質さでかなり左右されます。そこも含めて徹底的にこだわった「プレミアムクオリティ」のお米です。

premium_news_02

昨年からプレミアムコンサートにご来場いただいた際にお伺いしてきたアンケートで、プレミアムズな皆さん(プレミアムメンバーズ及びプレミアムファミリー)は、お子さまの〝食〟を本当に真剣に考えられている方が数多くいらっしゃることから、今年の春、まだちょ〜寒い飯山を訪れて、「世界最高米®︎」の原料玄米を2年連続で手がけている水野尚哉お兄さんとじっくりと相談し、信越の清流の源流となる「湧き水」がでる高さとほぼ同じ高さにある良質な土の田んぼ(圃場)での米づくりをすることを決めました。数ファミリーの参加型で、田植えから稲刈りまでのテスト開催をしました!

そして、最終的に健康価値を残した分搗きで精米(「やわらぎ精米」と呼びます。)して、もうまもなく〝超〟極上な「プレミアム米(ライス)」として、皆さまのお手元にお届けできます。(ご実家から美味しいお米を送っていただいているファミリーの方も、たまには!ぜひ一度!お試しください!)

完全無農薬のお米です。

「ザ・プレミアムライス」を予約する!

premium_news_03

実は、本質的な「無農薬」という表現をするには、「農薬を使っていない」というだけではなく、「農薬を使った田んぼが近くにない」ことが必須です。そのあたりは、「言ったもん勝ち」なところがあります。というのも、農薬を使った田んぼから流れ出た水が隣の田んぼ、その隣の田んぼ、さらにはその下の田んぼまで・・・と、流れ行く「水」の影響がでないことはあり得ません。だから「どこでつくっているか」が重要なのです。山の高い位置、一番水がかかること。それが、今回の「ザ・プレミアムライス」です。

農業界では、農薬の使用表現については規制や取り決めをすることで、いろいろと条件は定めているようですが、実際に本当に「無農薬」と語れる圃場は、なかなかないのが実情。従って、実際には「農薬不使用」という表現にとどめさせるようにしているようです。

ただ、私からすると、今回のお米は事実、無農薬であることは間違いないので、プレミアムズの皆さんには「無農薬」であることをしっかりとお伝えできちゃいます。しかし、僕は「無農薬ではないお米がだめ!」と言っているわけではありません!(僕自身もうちの息子もいろいろ食べています!)

この「無農薬米」が普及しない、そして、今、多く普及できない理由は、現代の深刻な問題です。年配の米農家さんが、田植えしてから収穫するまでの期間、広大な田んぼに生えまくる雑草と戦いきれない・・・。だから、止むを得ず農薬を使う。

そうして作られたお米を、子どもたちが食べるものとして「良いか」「悪いか」を問われれば、どちらかというと「農薬を使っていないものの方がいい!」となるけれど、とりあえず、健康被害については気にしなくていいように整えられているそう。ただ、「無農薬米」を拡げていくためには、私たちプレミアムズを含めたすべての人が、「米」や「農業」に対する正しい価値観を持つことが絶対に必要です。この先2年、3年したら、より高齢化が進み・・・「マジでやばいことになる!」と思っています。私以外にも、そう思っていろいろな活動をされている人もたくさんいらっしゃると思いますが、本当にみんなで連携して、何しろなんとかしなくてはいけません!そんな中、尚哉お兄さんは、若手米職人のホープとして、長野で頑張っています!

・・・と、語り出すとメルマガと同じように相当長くなりそうなので、とりあえず、まずはご賞味いただきたい!(味わいは・・・格別です。「個人的に思い入れがあって・・・」とかそういうレベルの話ではない、正真正銘の最高ランクのお米だと思います!僕も皆さんといっしょのタイミングで購入します!)

ということで!

 

無農薬の「ザ・プレミアムライス」の発売開始です!premium_news_01

【長野県産 コシヒカリ [2kg]】

完全無農薬・やわらぎ精米 2,500円[税抜]

【長野県産 縁結び [2kg]】

完全無農薬・やわらぎ精米 2,500円[税抜]

 

プレミアムメンバーズの皆さんで、11月公演・12月公演・1月公演ご来場者は、ご優待「500Premiums」を進呈します。

なんと2キロ2,000円で無農薬米が!(ただし、今回は送料は着払いです!すみません!)

ご優待プレミアムは、プレミアムコンサートやその他のアトラクションへの参加時に会場でGETできます!

 

※「やわらぎ精米」とは、米の健康価値を残せる特別な分搗きをした精米方法です。

 

 

2018年の本開催に先駆けて、2017年6月からテスト開催で実施した、無農薬の米づくり体験アトラクション「Premium Farm IIYAMA/NAGANO」が、11月5日[日]に無事全日程を終了!

稲刈りの日は、お子さまの風邪などで欠席ファミリーが多くなってしまいましたが、参加ファミリー全員で力を合わせ、総量350kgの収穫!

今は玄米の状態で「Premium Farm」の倉庫にそっとしまってあります。オーダーをいただき次第、尚哉お兄さんが「健康価値」を残した分搗き(やわらぎ精米)で「プレミアムライス」にしてから皆さまに向けて発送します。

かなりの手間暇がかかった極上な精米なのと、来年以降のプレミアムファーム本開催の予算に一定割合を充てるため、あまりお安くはできませんでしたが、通常で考えると3,500円から4,000円近くなるほどの様々な作業を経て完成した極み一品。2キロ袋で2,500円、2袋お求めいただいた場合は4,500円とさせていただきます!(※この時点でプレミアムメンバーズの皆さまだけの特別価格です!ご贈答にも同額が適用できますので、お歳暮やお年賀などでご利用の方は、その旨をメールでお知らせくださいね!)

「ザ・プレミアムライス」を予約する!

〜ひとり言〜 ※この先は、お時間があったらお読みください。

東洋ライス株式会社が、水田の枯渇を阻止し、日本の農業の素晴らしさを世界に伝えるために手がけている「世界最高米®︎」の原料玄米が、水野尚哉さんの手で2年連続で生まれたエリアで、超手間のかかる「農薬不使用」にこだわる尚哉お兄さんが、6月から5か月間、雨の日も、風の日も、ふつうの日も(笑)、何しろ毎日毎日、お米に目を離すことなく管理し続けてくれた大切なお米です。そして、その間にお子さまも誕生!そんな、ハッピーライスです!

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、農薬は田んぼに張っている水に、ポタっと油を落とすようにして撒きます。それによって、瞬く間に農薬が圃場一面に拡がり、雑草が生えなくなり、老齢の農家さんでもなんとか米づくりを続けられるという、安心・安全とは裏腹のジレンマがあります。

私個人的には、すべての人が年に1度(か、2年に1度くらい!)、米づくりに携わることを〝普通の行事〟にすれば、田植え・生育確認・稲刈りという3つのフェーズ(特に生育確認を、日替わりでいろいろな人が各地からやってきて常に管理して対応する仕組みが重要!)に分けて、数年間そんな経験をすれば、その人が大切な誰かにそれを伝えることで、特に日本人にとって大切な主食を安定して、みんなで作り続けられることができるのではないかと、本気で考えています。そのためのテスト開催でした。

結論は・・・

できます!

やればできそう!できます!

子どもたちが泥んこになって植えた稲が実り、「カマ」を使って刈られるまで、プレミアムファミリーたちが代わるがわるプレミアムファームにやってきて、管理すれば良いのですっ!

まだもう少し準備や体制づくりに時間がかかりそうですが、「きっといける!」と思いました。何しろ、今の混沌とした状況は、我々、親世代から変えていくしかありません!

ただ、現代日本の「働き方」そのものを、新しい〝今〟にフィットするスタイルへ変革することをより加速し、家族の自由な時間の確保と思い出づくりの自由化、さらに、新幹線や高速道路を活用する場合の交通費の考慮など、子どもたちに〝本物〟を届けるために整えるべき社会の課題が山積していることも、事実としてあります。僕は、ビジネスとは別の軸で、地球上のすべての子どもたちの未来のために、そんなソーシャルミッションを徹底的にプロデュースしていきます。まずは、東京首都圏から!

何かをはじめなければ、何もはじまらない。

そんな思いで、僕自身も、家族との思い出づくりも兼ねてのテスト開催でした。今回は一反(いったん=〝ゲゲゲの鬼太郎〟で有名な一反もめんの〝いったん〟です。けっこうデカイのよね、一反もめんっって。怖っ。)=300坪でつくったので、わずか350kgだけです。

premium_news_04

品種は、長年の研究によって2016年に岐阜県で誕生した、極めて美味しい食味であることで米業界で評判になった「縁結び」と、超ド定番の「コシヒカリ」です。日本の各地に美味しいお米は多々ありますが、長野県産米の確かな味の「うまさ」は、ここ数年でその人気を不動のものとしています。

ということで、先行予約を受付けます!(メールが起動します!)

「ザ・プレミアムライス」を予約する!

プレミアムズの仲間たち(るかくん・みわちゃん・まおちゃん・たかふみくん・そうちゃん・ほのかちゃん・たくみくんファミリー!パパさんもママさんも!)が、尚哉お兄さんと一生懸命つくったお米でもあります!ぜひ、召し上がってみてください!

写真は初体験のコンバイン運転中のため、全員真顔です。(乗り終わった後に笑顔になるため、この段階ではマジな表情です。笑。決してつまらないわけではない・・・と思います。)

premium_news_05 premium_news_06 premium_news_07 premium_news_08 premium_news_10

そういえば・・・飯山の、

春の爽やかな風が、ちょー気持ちよかったです。

premium_news_12

夏の星空と、誰もいないスキー場での川遊びアドベンチャーが最高でした。

premium_news_11

稲刈りの後の温泉が・・・最高でした!(僕は運転があって呑めませんでしたが!w)

premium_news_13

そして、皆さまの声を元に、2018年のプレミアムファームの実施を計画します。

ちょっとでも「参加してみたいかも!」と思われた方は、ぜひお気軽に

今すぐこちらから メール でお問い合わせください!

よくわからないかもしれないので、なんとなく、ぼんやりだけど・・・みたいな状態でも構いません!(笑)※まだ、参加希望人数確認のレベルなので、本予約ではありません。ご安心ください!

2018年春のスタートまでに、詳細をお伝えします。まぁ、何しろいろいろな米づくり体験ツアーがありますが、幼少期に「米づくり」は経験した方がいいですね!しかも、本格的なものを。

食の大切さを本当の意味で理解できます。プレミアムズは親子で楽しめることにこだわります!

2018年以降は最低催行人数を決めて開催決定しますので、人数が揃わない場合は、開催地の変更や開催の見送りなどをします。でも、実は飯山の、この圃場付近の宿泊施設の宿主の方に、2018年にご協力をいただけるよう、この間ご挨拶してきちゃいました!

国内において、「無農薬栽培」にこだわって、ここまでガチな「米づくり」アトラクションは、本当に数少ないはずです。僕は「無農薬しか食べないほうがいい!」というタイプの考え方ではないので、もう少し気軽にできちゃう「普通栽培の米づくり」の開催計画もありますが、まずは「尚哉お兄さんと作ってみたい!!」というファミリーの方を・・・。募ります!

2歳以上で参加可能!推奨年齢は4歳から12歳頃までです。(赤ちゃんののんびり同伴もOK!)

〝本物〟の場所で、〝本物〟のコンバインに乗ったりすると、子どもたちはその場ですぐ少し「大人」に成長します。

なお、「プレミアムファーム」のご参加は、今回、お米をお求めいただいた方(味わっていただいた方)を優先します。

ただーし!!

東京にお住いの方は、片道だいたい3時間半、埼玉エリアにお住いの方はだいたーい3時間くらいかかりますので!その旨ご容赦のほど!(でも、ぜんぜん価値あり!田植えだけ・稲刈りだけなどといった参加もOKですが、できたら全部で!その方がお子さまのためになると思います。)

ではまた!

 

プレミアムプロジェクト プロデューサー 清水豊史

 

 

そして、飯山は今、稲刈りを終えた田んぼや菜の花畑に冷たい風が吹き、雪の降る季節を待っています。スキー&スノボツアーもやっちゃおうかな!?今年の冬シーズンに!

premium_news_09

 

お知らせ一覧へ