ヴァイオリン

渡邊 達徳

わたなべ たつのり
渡邊 達徳

1993年横須賀生まれ。これまでに清水厚師、清水高師、嶋田慶子、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。マスタークラスに於いて、イヴリー・ギトリス、ピエール・アモイヤル、ナムユン・キム、エドワード・シュミーダー他各氏の指導を受ける。日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第3位、全日本芸術コンクール最高位、ブルクハルト国際音楽コンクール審査員賞、Young Brilliant Player国際コンクール国内ファイナル出場。コバケンとその仲間たちオーケストラ、Oboe&Violin duo“Oblivion”、2Violins Duo“Fiddles”、Musica-Antica他各メンバー。横須賀市主催のソロリサイタル、東京国際芸術協会新人演奏会、日本演奏家協会新人演奏会等に出演。2013年 大市泰範指揮アリエッタ交響楽団とチャイコフスキーの協奏曲を共演。ライヴサポート(Style-3!、aiko、夏川りみ、かのんぷ♪他)やレコーディング(Kerri Chandler、映画「天心の譜」、「優等生の主張」他)に参加した他、NHK E テレ『ムジカ・ピッコリーノ』、NHK ドラマ『1914 幻の東京』、ひかりTV ドラマ『待つ女』(コンサートマスター役)、演劇企画円端『団らんだから、雨奇晴好』(劇伴)等に出演。

これまでの出演

  • Premium Concert for Kids Vol.7
  • Premium Concert for Kids & All Generations Vol.15